FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メドック・マラソン 

8日にボルドーで行われたメドック・マラソンに、日本から出場する友人の応援に行ってきました。パリからTGVで約3時間のところです。
このマラソンは、メドック地区のワイン畑を眺めながら走る、42.195kmのフルマラソンです。ただ他と違うのは、仮装して走るのがルールであることと、給水所には各シャトーが提供してくれるワインやお料理が並び、ランナーはこれを飲みながら食べながら、完走はもちろん完飲・完食も目指すのだそうです。
そしてコースの50箇所以上で音楽隊による生演奏が行われ、走るつらさを除けば、こんなに美味しくて楽しいマラソンはありません。

ポイヤック村からスタートです。友人は2回目の挑戦で、今回は初のフルマラソン完走を目指して走ります。
20070912123806.jpg


楽しい仮装の人たちがいっぱい。言葉は必要ないという感じなので写真だけ並べてみます。
20070912135323.jpg   20070912135352.jpg

20070912135440.jpg  20070912135501.jpg

20070912135524.jpg  20070912135558.jpg

20070912140932.jpg  20070912141009.jpg

20070912141206.jpg  20070912141228.jpg

数時間経過。そしていよいよゴール直前のレッドカーペットへ。
20070912141319.jpg

20070912141254.jpg


こんなに楽しんで走ってきているのに、なんと上位の人たちは2時間27分台というすごい記録です。みんな日頃から練習を重ねているのでしょうね。
さらに驚くのは、ゴール直前でみんなヘトヘトのはずなのに、声援を送っている私たちに水デッポウで水を飛ばしたり、クッキーをふるまってくれたり、踊ってみせてくれたりと、こちらにも楽しみを分けてくれる人たちの多いことです。

さて私の友人も見事、フルマラソンの完走でゴールを迎えました。給水所のワインもお料理も全部制覇したそうです。ヤッター!!おめでとう。

コースマップを見ていると、全コースのほぼ1kmおきに給水所があってそこでワインが飲めます。それもラフィット、ベイシュヴェル、Dボーカイユなどの名立たるワインたちです。サンドウィッチなどの軽食もあります。もちろん食べやすいように一口サイズになっているそうです。そして35km地点を越えたあたりからお料理のコースが始まるような食べ物が用意されています。ここまで来れたご褒美ですね。

まずは前菜としての生ハム、しばらく走ると生牡蠣が出て、さらに走るとステーキが。40kmを越えるとチーズ、そしてゴール1km前でデザートのアイスクリームと続き、ゴールと共にフルコースの終了です。さすが食の王国だわ。ストーリーがあって面白いです。

でもこれを実際に見てみたり、食べたりしたければ、選手として参加するしか方法はありません。みなさん、来年の9月を目指していかがですか?

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

e-218ミューおばさん 初めまして。ようこそお越しくださいました。私のブログをご紹介いただき、ありがとうございます。
このマラソン、「元気埼玉」世代の方も多く参加されているので、興味をもたれた方が来年参加されるとうれしいですね。
この大会が始まって23年間、事故はゼロだそうですよ。

初めまして、埼玉から遊びに来ました。あーやさんの紹介です。
「元気埼玉」http://www.genki-saitama.com
で、パリジェンヌさんのブログ紹介させていただきました。
驚きの仮装マラソン・・しかも、ワイン飲んで料理食べながらの豪華なマラソン・・
これからもどうぞよろしくお願い致します。ブログ読ませていただくことを楽しみにしています。

e-218ニコパパさん、お久しぶりです。
専門家から見ても、やはりそうですか。メディカルテントは、5kmに2ヶ所くらいのペースで設置されていて、そこでは心電図を計ったり、スポーツマッサージを受けたりもできるようになっています。
その他に、護送車が回遊しているので、いつでもリタイアできる誘惑の戦いもあるようです。
制限時間は6時間半。7時間でゴールは撤去されます。
友人と一緒のツアーで参加した6名の日本人の内、一人はニコパパさんと同じ会社の人でビックリでしたe-317

今回は参りました!?

ホントに感動! 驚嘆! しました。
ホノルルマラソンを何年かバックヤードから見て来ただけに、よけい信じられない。フルマラソンだけは、ヒヤカシや興味本位じゃ絶対完走できない過酷なもんです。出走者も主催側も、給水方法や体調管理には万全の注意をはらうって言うのに・・・
ワイン? 生牡蠣? ステーキ? 仮装で2時間半? これは世界的にみても、恐るべきイベントの快挙に違いありませんよ。知らなかったなぁ。制限時間あるのかなぁ。
もし日本で企画したら、地酒街道で蔵元ごとに酒が振る舞われて、芋煮や焼鳥つまみながらゴール前に田んぼで穫れた米の握り飯? 「絵にならねぇ!」

e-218まつちゃん ラーの仮装テーマは忍者だったよ。ほんとにみんなタフだよね。
例年ならちょうど収穫1ヶ月前のイベントだけど、今年はまさに収穫時期にあたっちゃって各シャトーは大忙しの時なのにすごいよね。

スゴイ!

話には聞いていたが、こんなにしっかり仮想してるんだぁ~。
しかも食べて飲んで完走!?
驚きです!
シャトーは今収穫やらで忙しい時期だよね?
それでも協力的に盛り上げているのにまたビックリ!!

e-218Yoshyさん、各給水所のワインを全て飲むと、推定ボトル1本以上飲むことになるはずです。数キロおきにメディカルチームがいるようですが、心臓とか大丈夫?と思ってしまいますよね。こんなスポーツイベントをやろうと思いつくところが既にクレイジー。

そうそう、11月にはコニャックマラソンが行われるらしいですよ。走りながらワインは飲めても、コニャックは無理ー(>へ<)

e-218あーやさん、身体が軽そうにはみえないランナーも確かにいっぱいいましたが、え"っ!ていうほど早いタイムで仮装のまま涼しい顔をしながらゴールしてきたりしているのを見て、人は外見で判断してはいけない事もあらためて知らされた感じです。
次回、税関を通る時に仮装していたら態度が違うかなぁ。

これはまたすごいマラソン大会ですね。よっぽど体力がないと、給水所でワインなんか飲めないでしょ?しかもすごい仮装だし、、、。仮装して、ワイン飲んで、料理食べて、フランス人は欲望の塊で、しかも遊びの達人ですね。ちょっと感動。

恐るべし、フランス人

楽しいレポートありがとう。
フルマラソンは、普通に走っても大変そうなのに、ワイン飲んだり、v-272生ハムや生牡蠣、v-271それにステーキまで味わいながら完走するフランス人、恐るべし!

仮装v-40もなかなかですが、身体が軽そうにはみえないランナーもいるようですね。

ワイン飲み過ぎて、酔っぱらって走れなくなる人とかいるんじゃないのかな。

それにしても、空港の税関検査官とかと、おなじ国の人にはみえませんね。

e-218natsukiちゃん、今回も人々はとっても優しいし親切だったよ。パリ人とは大違い。同じ国とは思えないね。
À demain♪

こういうの見ると「そうそう、フランス人って楽しいことの大好きな陽気な人たちなんだよね」って思うけど、どうしてパリの駅員とか銀行員はあんなにふてぶてしいんだ!!!

A vendredi♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://parisryugaku.blog101.fc2.com/tb.php/46-19941a1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。