FC2ブログ

モード写真展 

コンデナストグループで出版しているVOGUEやVANITY FAIR、GLAMOURなどのグラビアを撮りおろした、1918年から最近までの約1世紀にわたる各国のモードの写真展Papier Glacéに行ってきました。モードと言えばフランス、というイメージを持っていましたが、こうして歴代の写真を一堂に会すると、「写真」としてグッと惹かれる物はアメリカに多いと実感。確かに雑誌の創刊もアメリカの方が歴史的にも古いし。特に1940年代に活躍した写真家Constantin JofféやClifford Coffinの作品には目が釘付けで、しばらくその場を離れることができませんでした。
写真の表現力の素晴らしさと、美しいものは流行に関係なく、どの時代でも美しく、錆びない、鮮度を失わないということを改めて知らされた写真展でした。
— 場所: Palais Galliera


写真展

写真展VOGUE

コメント

v-324千家さん ご覧くださり、ありがとうございます。恐縮です。これからもずっと続けていきたいと思っております。

ヴォーグの本

陽さんにカットして戴きに行き、ブオーグを拝見。早速GET!!
楽しんでます。素晴らしい。益々のご活躍を!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://parisryugaku.blog101.fc2.com/tb.php/185-2aa830f1