FC2ブログ

ポルトガル旅行 -食- 

ここはポルトの中心地にあるボリャオン市場。肉、魚、野菜、花、パンなどが揃っているのはパリと同じ。でも、ニワトリさんが生きたまま売られているのがちょっと。。。
魚の陳列もかなり素朴です。
マルシェ(花) マルシェ(ソーセージ)

マルシェ(魚) マルシェ(タコ)


リスボンで入った、こじんまりとしたレストラン。ここは家庭的なバカリャウ(干しダラ)料理が食べられるお店。
リスボンビストロ店内

あさりのワイン蒸しは、想像通りのお馴染みのお味。右の、ボケてしまった写真の料理がバカリャウ・ア・ブラスという郷土料理。これが今回の旅行中のNo,1ヒットメニュー。
ほぐした干しダラと玉ねぎを炒め、千切りにしたフライドポテトと合わせ、これらを卵でとじたもの。白ワインやビールとの相性も抜群だし、たぶんご飯にも合いそう。これは家で再現メニュー決定です。
あさり 干しダラたまごとじ


別のレストランで。イワシのトマトマリネと白身魚のグリル。お魚が美味しい!でも、これは2人でシェアした1人分。量はかなり多めです。付け合わせのじゃがいもは、素材の味が濃く、どこのお店で食べてもとっても美味しくてびっくり。
いわしトマトマリネ 白身魚グリル


魚介の出汁が良く出たリゾット。イタリアのリゾットとの大きな違いは、全然油っぽくないところ。とても優しいお味なので、量はけっこう食べられます。が、1人前でこの大きなお皿4杯分ありました。シェアしたけどかなりガツンと来ました。でも完食。
魚介リゾット

左はタコの天ぷら。右は付け合わせのあずき粥。そのまんま日本で食べるあずき粥のお味。
タコてんぷら あずきがゆ


野菜が多いのはうれしいけれど、とにかく量が多いこの国の食。2人の場合だと、前菜2品とメイン1品をシェアして食べるのが適量かと思われます。
レストランによっては(特にリスボン)、お通し(有料)が席に座るとすぐに何品も出てくるお店があります。お腹が空いている人に早く何か食べてもらおうという配慮からの習慣なのだと思うのですが、これを食べてしまうとお腹がいっぱいになって頼んだものが食べられなくなってしまうので、即行断りました。
ポルトレストラン

ツナサラダとタコのグリル。(野菜で隠れて見えませんが。)
オリーブツナサラダ タコと野菜


すっかり写真を撮り忘れてしまいましたが、イワシの塩焼きの美味しさにも感激。どこで何を食べても、また食べに行きたくなるような食事ばかりでした。デザートも、どこか懐かしいような味のものが多く、そうそう日本で数年前に流行ったエッグ・タルトもポルトガルの伝統お菓子。街を歩くとあちこちにパティスリーがあり、お菓子の種類も多く、食の豊かさを感じます。

さてポルトのカフェでお茶。ここでは冷えたポルトワインの白を。(決して1本飲み切ったわけではなく、たまたま最後の1杯だったので。こんなに強いお酒は1本も飲めません。)
ポルトでお茶


食事の時のワインは、お店の人にお勧めを聞いて、ほとんどそこの地元のお酒を1食1本ペースで。レストラン価格で1本1500円しないくらい。
ワイン白 ワイン白2

ワイン白3 ワイン赤

ワイン赤2 グラスポート


そしてせっかくポルトまで来たので、ワイナリー見学や試飲もしたり、美術館では狩野派の南蛮屏風を見たり、街を歩いたりなどして過ごしていました。リスボンにしてもポルトにしても、観光客の多い街だなとは思っていましたが、その大半はフランス人ではないかと思われるほど、いつもあちこちでフランス語が聞こえてきます。そのためホテルなどでは英語はもちろんフランス語でもOKです。小さなレストランやカフェでも、なんとなくフランス語で伝わってしまうのも、ラテン語圏の気軽さです。
他にも食べてみたいものがまだまだたくさんあったのと、この素朴さが心地よかったので、またいつか訪れてみたいと思っています。

コメント

v-233あーやさん もしかして「美味放浪記」ですか?
ポルトガル人は日本人と味の好みが似ていると、ちゃんと出ているのですね~。
そういえば「檀流クッキング」は、日本からパリまで持ってきた本の1冊でした。
蛸のイボイボも食べるのでしょうね。今回私が食べたものには付いていなかったけど、敢えて取った形跡もなく。
モロッコも行ってみたいですよね。(現在検討中です。)

v-233まかろんさん マカオの食は、そのまんまポルトガルなんですね。
香港からだともっと間近で食べられていいですね。
その高速フェリーが24時間というのにまたびっくり。さすがカジノ王国です。
ポルトガルのデザートもとても種類が多く、日本人好みの物ばかりのような気がしましたよ。でも、レストランでは食事の量があまりに多過ぎて(=食べ過ぎて)最後にデザートの代わりにポルト酒で締めてました。昼間、カフェで食べたり、買い食いしたりしてました。

ポルトガルの焼き魚

ポルトガル旅行記、楽しそうですね。

40年近く前、まだヨーロッパ旅行が一般的でない頃、食エッセーのような本でポルトガルの食について知りました。
筆者はエッセイスト・壇ふみさんの父上で作家の壇一雄氏です。
食いしん坊で、「火宅の人」であった父上が、単身ポルトガル生活を送っていた頃の著書に、炭火で焼いた魚の話が載っていました。ポルトガル人は魚や魚介類をよく食べること、日本人と味の好みが似ていることなどをそのとき知りました。
蛸のいぼいぼもポルトガル人はそのまま食べるのでは?

いつか、モロッコとセットで行って見たい国ですね。

プチポルトガル

写真を見ていて、ポルトガルの素朴な雰囲気が伝わって来ました。

プチポルトガル、つまりマカオ(元ポルトガル領)はまるで山手線のようにほぼ10~15分おきに出る高速フェリー(ジェットターボ)で香港から1時間(ちなみに24時間営業)。時々マカオ料理を食べに行きますが、写真を見てわかったけれどほとんどがポルトガル料理そのまま!と言うか、ポルトガル料理だったんですね(笑)。

丸々のいわしの塩焼き(そのまま白いごはんが何杯も食べれそう!)やたらチャーハンは私も好きで毎回頼みます。あとマカオではデザートも日本人好みで色々ありますが、ポルトガルにもありました?

お通しがいっぱい出て来るのは、ちょっと韓国料理のようでもありますね!

v-233Yoshyさん ポルトガル人は、もれなくみんな太ってます(笑)
これだけの量を食べた後、さらにデザートもいっぱい食べます。街中ではパティスリーの軒数がやたら多いし、食後のポルト酒は甘いし。
魚介好きなYoshyさんは、ここの街の食はハマると思いますよ~。

鳥や魚介の陳列風景はややアジアを思わせるような感じですね。料理もどことなく日本の魚介類のおいしい洋食屋さんを思わせるような雰囲気。でもやっぱり空気感はヨーロッパなんだなぁ。空も光の色も違いますね。ポルトガル人て、太ってましたっけ?これだけ大量に食べたら、太りそうなものだけど。いわし、たら、たこ、大好物ばっかりだぁ(笑)

v-233yanyanさん 色々なものが素朴なのに、ワインのエチケットは意外にも素朴ではないですよね。
訪問したワイナリーも、老舗だけど結構スタイリッシュでした。

シンプルで美味しそう!特にリゾット、いいですねー!量も半端じゃないですね。なんだかお腹すいてきちゃった。ワインのエチケット、結構お洒落で驚きました。

v-233サミー 私も行くまではイメージの少ない国だったな。
フランシスコ・ザビエル、鉄砲伝来、カステラ、南蛮貿易、ポルト酒、マディラ酒くらい。
ワインは大雑把な好みを言って、お店の人が全部選んでくれたもの。やっぱり地酒が一番だね。

国名はよく聞くけど、どんなとこなんだろう?・・・街並みがとってもきれい。世界遺産もあったんだぁ。コンペイトウかぁふぅーん、宣教師のザビエルもポルトガルの人だったような笑。あさりとイワシトマトが抜群に旨そう。ワインはPariちゃんが選ぶから、美味しいんだろうね。

v-233Q太郎ママさん こんにちは。
一人旅で行かれたのですね。 ほんとにお料理はどれも日本人好みの味ばかりで、とても馴染みますよね。すっかり気に入りました。
今度は是非ご家族で楽しんできてください。

こんにちは。もう10年前になりますが、結婚前の最後の一人旅がポルトガルでした。写真などを見て懐かしさでいっぱいです。
料理も日本人の好みの味ばかりですよね。
また是非是非行ってみたいと思いました。

v-233yukaちゃん おお、無意識に「お茶」と書いてしまっていたわ。お茶はビールまでだね。

地の利を考えると、パリにいるうちに行っておいた方がお手軽。モロッコも同様。
私もこれから駆け込み需要期に入りそうです。

> さてポルトのカフェでお茶。ここでは冷えたポルトワインの白を。

「ポルトワイン」と書いて「お茶」と読む。
さすがです。。。

老後の楽しみではなく、もう少し現実的な先の楽しみに変更しようかと思います。
じゃ、夏行っちゃう?!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://parisryugaku.blog101.fc2.com/tb.php/134-d4587247