FC2ブログ

ポルトガル旅行 -街- 

何のトラブルもなく、無事帰ってきました。(今日のブログは少し長めです。)
今回の旅は、首都であるリスボンと、ここから300km北上したところにあるポルトの2個所滞在です。パリからは飛行機で2時間少々。出入国審査もなく、同じユーロ圏なのでとても気軽に行ける国です。(このご時世に、検疫も何もありません。)
今まではポルトガルに対して、あまりこれといったイメージがなかったのですが、実際に行ってみて思うのは、一言でいえば「素朴」。この言葉に尽きる気がします。
スペインに隣接しているのに、あのラテンの陽気さはあまりない。でも人々は親切でまじめできれい好き(フランス人との比較)だからか、日本人としてはどこかホッとできるのだと思います。日本が一番最初に交流を持ったヨーロッパでもあるし。
食べ物においても、大西洋に面した国なので豊富な魚介類、あまり油を多用しない調理方法、出汁の味を大事にするところなどもやはり馴染むのか、どこで何を食べても本当に美味しかったです。カステラ、バッテラ、コンペイトウなどもポルトガル語ですよ~。
物価も安く、だいたいパリの1/3位で食べられるのもうれしい限りです。

リスボンもポルトも坂の多い街なので、メトロと同じような感覚でケーブルカーを利用します。
ケーブルカー

至るところで見られる、タイルを埋め込んだ建築様式の建物(これは教会)。
教会(典型的建築)


一方では、地元ポルト出身の世界的建築家アルヴァロ・シザによる建物も。
コルビジエ

このポスト、どこか昔の日本のポストに似ていませんか?
ポスト


ポルトのマクドナルド。
マクドナルド

そしてこれには感動。バス停に人がきちんと並んでる!フランスではありえない光景。
バス停に並ぶ人

車は国内生産していないのか、外国車ばかり。特にドイツ車、イタ車多し。ちなみにタクシーは8割方メルセデスでした。そして、フランスのようにボロボロになった車も、汚い車もほとんど見ません。
ポルトの街(車つき)

お土産物屋さん。
お土産物屋

パフォーマンス中の大道芸人の方と思っていたら、郵便配達人のオブジェがポストにくっついていました。
郵便屋前 郵便屋後


世界遺産に登録されている地区。
ポルトのカフェ前

そしてこの船に乗って、ドウロ川クルーズ。
これから乗船

船上から見るポルトの街並み。
船上

つづく。

コメント

v-233ラパンさん お待たせしました~。
そうなの。何でも素朴で、どこか昭和の日本を感じさせるものがあって、ちょっと垢抜けないけれど、どこか落ち着くという感じ。
あのきちーんと並んだ行列、びっくりでしょ?少なくとも相手への配慮のある国民性を感じたわ。

v-233R.Savignacさん ただいま。
私は建築は詳しくないけれど、プロの目から見てやはりシザを初め、見応えのある街なんですね。
近いし、是非行ってみて。では近々ね。

v-233ラスカルさん そうそう、そのお友達と一緒だったよ。
まさに、どこもかしこもおいしい!
もっと長く居たかった~。
そういう国は、私としてはけっこう珍しいんだ。

v-233yukaちゃん なるほど、建築ね。
そうだよ。楽しみは少しは残しておかなきゃ。
今、世界有数の美術館に缶詰状態のあなたの方がずっと貴重ですよ。

待ってました~!話では聞いたけれど、写真も素朴でいい感じね!私も行ってみたくなっちゃった。
それにしても、長い行列でも、きちーんと並んでるっ!すごいわ。
以前ドイツに行った時も、町中が綺麗で清潔で、人も親切で、車はもちろん本家本元、タクシーでさえすべてベンツで、、、とどこぞの国とは大違いでした。お隣なのに(笑)。
またポルトガルの話聞きたいな~。

Parisienneさーん!お帰りなさい。いいなシザの建物見れたのですね。。本当に羨ましい限りです。ちょうど5月の初め頃に建築系の友達も行っており、シザやポルトガルの料理に感激してました。やっと暖かくなってきましたし、(というか暑い!?)美味しいものでも食べながら是非お話聞かせて下さい!

ポルトガル

日記を読んだらちょっと気になっちゃいましたv-119

友達にポルトガルのおいしいレストランを
訪ねたけれど、
どこもかしこもおいしい、
という返信がやってきたので
パリジェンヌさんには
お伝えできなかったのだけれど
楽しんでこられたようでなによりです
v-20

先日授業でブラジル人の子がポルトガルのバロック美術についてexposeをし、
フランスのバロックと全く違うってことと、美術よりもむしろ建築に反映してて、
ものすごく興味を持ちました。
(今は深く調べる時間はありませんが、老後の楽しみのひとつにしようかとw)

なので、実際に街並みを見た姐さんに嫉妬200%です!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://parisryugaku.blog101.fc2.com/tb.php/133-543c1e0d