FC2ブログ

LE BON MARCHÉ 創業160周年 

世界最古の百貨店と言われているパリのル・ボンマルシェが、1852年創業で今年160周年を迎えました。
フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーヴをモチーフにしたアート作品で、館内やショウウィンドウが大々的に飾られています。
日本では三越が百貨店宣言したのが1904年。でももっと前身の呉服店だった越後屋が1673年創業だというので、それから数えたら340周年!素晴しく老舗です。

このル・ボンマルシェと、これまたフランスを代表する新聞Le Mondeがコラボして作られた布製のトートバッグが、ファッションショウの会場で配られていたので、いただいてきました。

ボンマルシェバッグ

トートの中にはル・ボンマルシェ160周年限定コラボ商品カタログが入っています。ファッションに限らず、家具・雑貨・食品など色々なカテゴリーでのコラボ商品。日本からは、コムデギャルソンやツモリ・チサトの顔ぶれも。
ボンマルシェ本

ここの百貨店の特に食品売場には、パリ滞在中1度は必ずお世話になっています。


スポンサーサイト



サッカー日仏親善試合 

すっかり忘れていたのですが、そういえば日仏親善試合があるんだったと気付いたのが試合前日。
パリ市から少し北上した郊外のサンドニにあるStade de Franceで21時開始。夜でしかも治安に不安があるエリアなので、フランス人でサッカー好きな友人を誘ったところ「スペイン戦だったら行くんだけどねー ワールドカップ予選ならともかく親善試合だしねー」と断られ(ケッ!)、残念と思っていたところ、たまたま日本から旅行で来ていた友人夫婦に会えたので誘ってみたら、旦那さんが大のサッカーファンで「まさかチケットが取れて行けるとは思ってもみなかった」ということで日本人3人で行く事にしました。
ネットでチケット予約したのが試合当日だったせいか、1ランク上の席にアップグレードされ、ゴール寄り前から15列目の好座席が確保できました。

普段はほとんどTV観戦。スタジアムに行くのは何年ぶりだろう。

日本から駆けつけたサポーターグループもいましたが、私たちの周りはフランス人だらけ。フランスの国旗、みんな持参してきている訳ではなく、5席に1本の割合で初めから座席に置いてあります。
応援グッズゼロの私たち、フランス人に埋もれながら精一杯の拍手と声援を出すものの、ほとんどかき消されています。
サッカー3点

親善試合だったせいか、子供たちの姿も見かけます。
一部のフランス人サポーターグループは、爆音、煙、火事かと思われる過激なライトの演出など、決して選手たちに良い影響を与えなさそうな応援でハラハラ。
サッカー3点その2

日本代表のおなじみメンバーの試合を生で観戦できて大興奮。
長友が本気で走った時の速さったら!
しかも耐えに耐えた最後の最後に決定ゴール!
決して好調な試合運びではありませんでしたが、何と言っても守護神、川島さまのナイスキープ連続での貴重な勝利。
席の周囲のフランス人たちからは握手を求められたり、おめでとうを言われたりして、勝ってしまったら刺されそうで怖いと最初は思っていたけれど、やはり親善試合は周りの人たちもフレンドリーなのでした。

やったね、サムライブルー!

お天気が安定しないパリコレ2013春夏 

このブログを更新できるようになったということは、そうです、パリコレのお仕事も無事終了し、ささやかなお休みに突入したところです。

今回も色々な会場で行われましたが、例年に比べてお天気が変わりやすく、大雨、カンカン照り、薄曇り、激寒、が時間帯によってコロコロ変化する日が続きました。

ユニークな会場だったのはここかな。
ナポレオンのお墓のあるHôtel des Invalidesの前に、デーンと白い壁を構えて会場を造ったこのブランド。
Dior.jpg

セーヌ川沿いの建物で行われた会場のデッキから。
セーヌ沿い会場

雨が降ったり晴れたりの繰り返しで、ときどきこんな綺麗な虹が。
グランパレ虹

それにしても今年の秋のパリは、雨が多くてちょっと残念です。