FC2ブログ

月別アーカイブ

 2010年10月 

秋まっさかり 

9月後半から半年ぶりにパリに来ています。
今回もパリコレ取材のお仕事ですが、長かった仕事もようやく終わり、やっとブログを更新できる時間ができたかと思えば、もう少しで帰国です。さびしい~。

行楽の秋とはちょっと違う、黄昏というニュアンスに近いパリの秋。
秋のチュイルリー18

今回は、前回とはまた違う地域にアパルトマンを借りてみました。ポンヌフのかかるセーヌまで歩いて5分。忙しかった仕事の合間の散歩は、芯からリフレッシュしてくれるものでした。
アパートソファ

ノルマンディ建築のようです。カウンタースタイルの小さなキッチンですが、一人にはちょうど良いサイズかな。
アパートキッチン90

中庭からの日差しが入る静かな寝室。
アパートシャンブル

この基地で、2台のパソコン使ってガシガシやっておりました。
アパートデスク

こんな風に写真を並べると、とても穏やかに過ごしているように見えるかもしれませんが、そこはパリ。
着いてから数日ネットが繋がらない状態が続き、その原因がわかるまでに3日かかり、解決するには2週間かかることが判明し、しょうがないのでお隣さんを訪ねて電波をお借りできないか(WepキーNo.教えて~)交渉したりして、結局階下に住むマダムが親切に電波を貸してくださって何とか仕事ができるようにはなりました。
街では、定年年齢を60歳から62歳に引き上げることと、年金支給開始年齢の引き上げに反対する大きなデモがずっと続いていて、ストで交通は激しい間引き運転でパニック状態。シャルル・ドゴール空港への航空機燃料などの供給をストップさせると言いだしたり、さすがにこれは国際問題になるからすぐに解除されたけど、今でも街なかのガソリンスタンドの一部は営業していないようです。
このデモ、若くは高校生から既に定年を過ぎた方まで、あらゆる年齢層が参加していて、こうやって市民が法律を変えていく国なんだよなあと、またそんなことを想い出させられたのでした。

次回は3月にまた来ます。
スポンサーサイト