FC2ブログ

月別アーカイブ

 2009年10月 

私のパリ Merci pour mon Paris 

ここに住んで2年8ヶ月という月日が流れました。
毎日通ったこの道は、四季それぞれの色合いを楽しませてくれました。
定点春 定点夏
定点秋 定点冬


日々この世界遺産を見て、歩いていることに慣れず、いつまで経っても旅行している気分が抜けなかった初めの数か月。
セーヌ沿い

食生活においては、ここなくして語れません。マルシェ、大好き。
マルシェ

サンマルタン運河。やっぱりパリは恋人たちが自然体でいられる街。
サンマルタン運河

銃を携えたアーミーたち。いつも3人組で駅周辺の安全を監視してくれているけれど、来たばかりの頃はこの光景にかなりビビリ、写真を撮るなんて怖くてとてもできなかった。
SNCFアーミー

ほんとに不思議。パリの空はピンク色。
近所夕日2


緑が本当に多い街。散歩とピクニックの楽しさに目覚めてしまった。ここもパリ。(ビュット・ショーモン公園)
モンソー公園1

そしていつもパリでの日常を見守ってくれていたエッフェル塔。いつ、どこで見ても美しい彼女は、やっぱりパリのシンボル。
エッフェル青キラキラ


パリでの留学生活を綴ってきたこのブログも、留学生活を終えた今、一旦ここで終了させていただこうと思います。
この街で日常生活を無事に送ることができるのか、不安でいっぱいのままスタートした2年8ヶ月前。ところが不安どころか、私の人生観がすっかり変わるほど、パリにはどんどん魅了されていきました。美しい街並み、色々な物を使い捨てにしない文化、芸術を大事に育てる国、楽しむことに本気になれる人間性などなど、ここではとても書ききれません。たくさんの人たちとの出会いもありました。日本の常識は、世界では非常識であることがいかに多いかや、「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」といった人と人との当たり前のコミュニケーションが、日常的にきちんとされていることの気持ちよさも十分味わいました。
これからは、この貴重な留学生活を活かして何か新しいことを始めていけたらと思っています。その時には、ここでお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今までこのブログを読んでくださった皆さま、コメントをくださった皆さま、
どうもありがとうございました。

そして・・・ありがとう、パリ。

2009年10月 Parisienne

*今後も過去の記事へのコメントやメールでのご連絡はいつでも歓迎です。
スポンサーサイト