FC2ブログ

ついに撮った!! 

ポリシエ横

な~んて大げさなものではありませんが、実は1年前に初めて遭遇した時に、とても驚いたものです。
普通の道を歩いていた時、かなり緊急の事態が起きたらしく、突然信号も全て止め、道路も横断歩道も封鎖をし始め、歩行者は行きたい方向に関係なく一方向に誘導され、そのうちパトカーの台数も徐々に増え、テロが起きたのかと思いました。(実際何が起きたのかはわからず仕舞い)

その時、このローラーブレードを履いたポリシエが続々登場。
その現場は警視庁から車で5分くらいのところでしたが、パトカーを始動して駆け付けるよりは、この方がきっと早そうです。
早速写真を撮りたかったのですが、カメラを向けたら連行されそうな(この時は本当にそう思えた)ピリピリした状況の中で、とても撮ることができずにいました。

それから何度か街なかで見かけたのですが、いつも俊足で駆け抜けて行ってしまうので、バッグからデジカメ出して、電源入れて、、、なんていう間にいなくなってしまうのです。
そしてようやく、立ち止まっているポリシエを撮ることができたのでした。
ポリシエ縦

ここはルーブル美術館ピラミッド前です。
ここを通るバスは通行止めになり、ルート変更されていたのですが、あまりピリピリした空気はありませんでした。

このローラーブレードを履いたまま、犯人を捕まえたり、あるいは検問したり交通整理したりするということは、相当なテクニックを持ってないとなかなかできませんね~。
スポンサーサイト



フィガロの結婚 

気付けばこのブログ、10日も更新していませんでした
新学期が始まって2週間が経ちましたが、この2週間でやったことの理解力を量るためのテストが既に3回もあったり、朝8時半から発音を矯正されるというステキなクラスも始まり、すっかり朝型生活になりつつあります。
その割には今月だけでクラシックコンサート、お芝居、写真展、映画3回、食事会など、ブログにも書きたい遊びをたくさんしているのですが、なかなか更新ができないまま時間だけが過ぎてしまいました。

さて先日の続きとなる、ベトナムサンドを持って行った先は、コメディ・フランセーズです。
ここはパレ・ロワイヤルの中庭に面した、フランスを代表する国立の劇場です。古典劇が上演されることの多いこの劇場ですが、今回観に行ったのは、ちょっとモダンな演出のされた人気の演目「フィガロの結婚」です。

どうしてベトナムサンドを持って行ったかというと、20時30分開演の1時間前から売り出される、5€の当日券を買うのに、ちょうど並んでいる間に食事をしないと食べるタイミングがないからでした。
実はこの1週間前に当日券発売30分前から並んでみたのですが、65席用意されているチケットは、私の5人前で完売。そんなこともあり今回は気合いを入れて1時間前から窓口に行ったら誰も並んでいないので、もしかして今日は販売しないのかと不安になりましたが、無事一番乗りで購入できました。このサービスは、ちょうど歌舞伎座の一幕見席のような料金で、でも歌舞伎座と違うのは、3階のちゃんとした指定席が買えます。しかもハコが小さいので、役者の顔の表情がわかるくらいの距離で見れます。

お芝居の内容としては、ものすごく新鮮なものを感じ、とても良かったです。ただセリフがいまいちよくわからない!まわりの人が、かなり頻繁に笑っているのですが、全く笑えない。映画は映像で状況がだいぶわかってしまうのですが、舞台はある程度セリフで状況をつかまないといけないので、その辺はまだまだですね。
ただ演出の仕方や大道具、役者の動きなど、日本では観たことのないような工夫があって、とても面白かったです。

ちょうど今さっきセザール賞の発表があり、主演のLaurent Stockerが別の映画で助演男優賞を受賞していました。やっぱりそういう実力の役者さんだったんだ。

3時間のお芝居が跳ねたのは23時半。やはりパリはスタートが遅いのでこういう時間になってしまいます。でも、バスもメトロもまだまだあるので大丈夫です。
Cフランセーズ

この後、皆さんはご飯を食べに出かけるのかなぁ???

アジアンな楽しみ 

中国の春節(旧正月)で賑わう13区の中華街へ、ドラゴンパレードを見に行ってきました。
中華街  中国フランス

パレードが始まるというのに、路上駐車の車だらけなのが何ともパリっぽい。
爆竹を鳴らして新年を祝うというのは知っていたものの、ものすごい大量の爆竹の束に一気に点火するので、それはまるで爆破のようです。すぐ近くに大勢の見物客がいるのに、音も火花も半端じゃありません。大胆!

でも今日の本当の目的はこっちです。
ベトナムサンド

ベトナムサンド♪
バゲットの中に、チャーシュー・人参・きゅうり・玉葱・パクチーをはさんでニョクマムをベースにちょっと甘辛く味付けしたドレッシングをかけたサンドウィッチ。妙な組み合わせですが、やみつきになる美味しさです。おまけに安い!
ベトナムサンド袋  ベトナムサンド仕込

いつも行列ができているお店ですが、今日は新年ということもあって、隣のレストランの端まで長蛇の列。ガラス越しには、おばちゃんたちが手を休めることなく作ってくれているので、意外と回転は悪くはありません。

今夜は、このアジアのファストフードを持って、お芝居のチケット売り場に並ぶのでした。
つづく。

2年目に入りました。 

去年の2月から1年間通ったパリカトが修了しました。
毎日のように通ったこの学校には、やはりたくさんの思い出もでき、もう来ることはないのかと思うととても名残惜しい気持ちと同時に、2年目に入るんだという新たな緊張感が入り混じる思いでした。

1週間のバカンスを経て、来週からは心機一転、ソルボンヌ文明講座に通うことになります。
これまで外観しか見たことのなかった、歴史のある巨大なソルボンヌ(パリ第4大学)の中に初めて入った時は、古くて堅く冷た~い感じで、これまで通った私立カトリック系とは両極にある印象です。
またここでも、宿題とテスト漬けの生活が始まろうとしています。

パリでの生活も2年目。
学校が変わることで、行動エリアも環境もがらっと変わりそうで、それも楽しみです。
1年目とはまた違うパリの生活、新たな人との出会いと、もっと色々なことを体験する2年目にしていきたいなあと思っています。