FC2ブログ

最後の夏休み その4 en Normandie 

ブルターニュから戻った日、今度は別の友人からノルマンディーへのプチバカンスに誘われ、翌々日からまた出かけてきました。

普段パリの街で見慣れているセーヌ川が、ル・アーヴルとオンフルールの街をつなぐ、このノルマンディー橋のすぐ近くから海に出ています。
フランスではロワール川に次ぐ長さのセーヌ川。ようやく先端に出会えたのでした。
そして今回は、ル・アーヴルとオンフルール、どちらの街にも行く予定です。
ノルマンディ橋

その前に、どうしても一度行ってみたかったエトルタに寄りました。
エトルタ3

このてっぺんのグリーンの部分を歩き、先端まで行くことができます。
エトルタ2

オン・フルールの街。建物の造りがどこかに似ている。。。バイヨンヌか。
オンフルール

この街は、エリック・サティが生まれた街としても有名です。ここはサティの生家。
サティ


そしてここもどうしても来てみたかった海辺の街、トゥルーヴィル。今回は車の旅でしたが、電車で来る場合は、トゥルーヴィル・ドーヴィルという一つの駅で、右に行くとトゥルーヴィル、左に出るとドーヴィルという位置関係です。
でも街の印象は大きく違い、ポスターデザイナーであるレイモン・サヴィニャックが活躍した街であり、街の至るところで彼の作品が見れる、庶民的な印象のトゥルーヴィルと、高級ブティックが並び、セレブな空気漂うドーヴィル。
来たかったのはもちろんこっち、トゥルーヴィルの方です。
私もここの海岸で、この夏最後のひと泳ぎをしてきました。
トゥルカラーテント

浜辺には、サヴィニャックのポスターがいっぱい。なごみます。
サビ海岸パノー


ツーリスト・オフィスに併設された会場では、彼の多くの作品を見ることができました。
VINヌーボー エールフランス
サボン フロベール


ここの街の散歩の楽しみは、彼の壁画にところどころで遭遇できることです。
壁画2

壁画


でも、せっかくここまで来たので、お隣の街ドーヴィルも散歩してみます。
海辺の街なので、この有名店もこんな店構えです。ここの店舗なら、ビーサンでも入れそうですね。
ルイヴィトン


こういう場所に行った時の食事は、やっぱり「マルシェで買ってすぐ近くで食べる!」です。
牡蠣だって頼めばその場で殻を開けてくれるし、ナイフまで貸してくれます。海辺の街なので、やっぱり採れたての魚介ですね。
牡蠣

もうすっかり秋になってしまいましたが、最後の夏休みはこんな感じで過ごしました。
そしてまもなく。。。
スポンサーサイト



最後の夏休み その3 en Bretagne 

もう季節はすっかり秋になってしまったのに、まだ8月の旅行の話が書けないまま日にちだけが過ぎてしまいました。
ちょっと寒々しい写真になりますが、夏休みの記録です。

友人に誘われ、フランス人たち5人でのプチバカンスに飛び入り参加してきました。
出発の3日前、突然ブルターニュ地方に行くけど一緒に行こうと。期間はだいたい一週間。
水着丸必。
この時点でこれ以上の情報はありません。結局ブルターニュ地方のどこに行くのか、何時にどこに集合かが決まったのは前日の夜、そしていつ帰ってくるかは未定。
バカンスに行くと言っても、その場の気分で決めたり、かなりユル~いのが一般的だとは聞いていたものの、持って行くものの準備もあるのでちょっと戸惑いました。

結局最北西の町Brestまで電車で行き、そこでレンタカーを借りてQuimperまで下り、このあたりから海岸線に沿ってBénodet、Concarneauあたりを海遊びをしながら転々と滞在していくという旅でしたが、翌朝の行き先は前日夜に決める、その日の宿泊先は車の中から電話するという流れは変わりません。

夜、レストランに行こうということになり、一応それなりの格好をしてヒールのサンダルを履いて出掛けても、途中で地元の小さな村の花火大会に遭遇し、結局砂浜に座ってシードル飲みながらムール貝食べるなんていうパターンなので、翌日からは常にビーサンは携帯するようになりました。
まあ、道中ずっとこんな感じです。

昼間は海のスポーツ。カタマランに乗ったり、カヤックを漕いで島めぐり、着いた島では岩場で鬼ごっこ。(かなり体育会系)
ブル海

今年の夏は私もかなり久しぶりにこんがり焼き、「美白」という言葉がデータから消えました。
ブル砂浜1

やっぱり砂浜から見る夕日は格別。
ブル夕日

どんな所に泊まるかわからないと言われていましたが、こんなシャトーのようなホテルにも泊まりました。ここではフランス版モノポリで大盛り上がり。
ブルホテル

私はカルトナージュのアトリエがあったので、6日目で一人電車でパリに戻りました。
カルトナージュの先生に話したら、こういうのは典型的なフランス人のパターンだとのこと。
観光客にも全く遭遇せず、ひたすら自分たちの時間を楽しく過ごすことに徹底した旅。たまにはこういうのもいいです。
その場その場で予定をコロコロ変えるので、時々疲れましたが。

最後の夏休み その1 en Annecy 

気付けば8月が間もなく終わろうとしています。ブログの更新もかれこれ1ヶ月もサボってしまいました。
7月の終わりには何の予定も立てていなかったというのに、8月に入った途端に色々な方からお誘いをいただいて、結局半月パリを留守にするようなことになりました。それも、一旦パリに戻ってカルトナージュのアトリエに行き、洗濯を済ませてまた次の日に旅立つ、なんていうペースで。

まずはスイス国境に近い街、アヌシー。アルプスの山々とアヌシー湖が美しい、あまりフランスっぽくないという印象の街です。
アヌシー湖景色

旧市街にある運河に浮かぶ宮殿。
アヌシー川に浮かぶ

ここに来る直前に終わったばかりの、le Tour de France 2009の通過点でもある街なのでこんな飾り付けが?
アヌシー街縦1


アヌシーからバスで30分ほどの小さな村タロワールTalloiresへ。
アヌシータロワール

ここはこじんまりとした村ですが、海のスポーツやハイキングなどアクティビティも豊富。
アヌシータロ景色2

いつかは私もここでパラグライダーをやってみたいな。
アヌシーパラ1

こんなふうに。
アヌシーパラ2

こんな景色の中で。
アヌシータロ景色

お隣の国スイス、ジュネーブまでバスで1時間半ほどだというので、パスポートは持っていませんでしたが、コントロールが来ないことを願って行ってみました。そのまま無事入国。
レマン湖の奥にわずかにモンブランが見えます。
ジュネーブ

今回の旅でいつもと違ったことは、一度もレストランやカフェに入らなかったこと。
たっぷり歩いて汗をかいた後は、地元のマルシェでパテやスシソン、フロマージュ、フルーツ、バゲット、冷えた白ワイン(もちろん地元サヴォワのワイン)などを買い込み、昼も夜も景色を眺めながらのピクニックが何よりのご馳走でした。
アヌシーマルシェ


帰りのTGVの中、ちょうどブルゴーニュの名醸地域を通過する頃、綺麗な夕日に遭遇。
今回は、いつもとはまたちょっと違うフランスを見た旅でした。
ブルゴーニュ夕日

ユーロスターでロンドンへ 

この春、SNCF(国鉄)がユーロスターで行くロンドンのプロモーションをやっていて、15,000チケット限定で往復77ユーロ(約1万円)というのが出ていました。そういえば今までロンドンに行ったことがなかったなあと思い、この機会を利用して2泊3日で一人で行ってきました。

日本からヨーロッパに旅行しようと思っていた時は、どうしてもフランスやイタリアが自分の中で優先順位が高くてなかなかチャンスがなかったのですが、パリ北駅からユーロスターで2時間20分で着いてしまうロンドン、こんなに近いのなら行っておかなくちゃ。

今回の旅も、お国柄の違いが面白くて。
まずは北駅でフランス側のパスポートチェック。まったくやる気のなさそうなフランス人のお兄さんが、パスポートを開いてスタンプをポンと押して2秒で終了。そしてその5m先にはイギリス人審査官によるパスポートチェックが。まだパリですが、たぶんここが事実上の入国審査。
ここから英語になります。
「3日間、何をするのですか?」
ほう、何年も聞かれたことがなかったこのような質問。「観光です。」と答える私。
そして2年前にパスポートに貼られた初回の学生ビザをみつけて、
「今もフランスに住まれていますか?」「では、滞在許可証を見せてください。」
観光目的でイギリス国内の滞在が6ヶ月以内であればビザが必要ないこの国で、パスポートの有効期限が十分あるにもかかわらず、この念の入れよう。
さらに、パスポートの写真と私の顔を見比べること5往復。(そこまで見比べるほど変わっていないと思いますけど?)
ようやくスタンプを押さて、「はいOKです。よい旅を。」と。
この仕事の差は何???

さてロンドン到着です。
私のイメージのロンドンはまさにこれ。普通の路線バスが、赤い2階建てです。滞在中、何度かお世話になりました。
2階建てバス

一度も乗らなかったけれど、ころんとした形のミニチュアロールスロイス風タクシーがかわいいです。タクシーは、ほとんどがこのタイプ。
タクシー

車ついでに、個人的に驚いたのが、この工事現場で見たクレーン車がボルボ社製。
ボルボのクレーン車

やはりガーデニングのお国。街を歩いていても、緑の美しいお宅を見かけます。
家並み

ハイドパークすぐ近くのホテルに滞在していたので、朝食前は1時間ほどお散歩していました。
広大な美しい公園。ちょっと日本のゴルフ場とイメージがダブりましたが。
この他にも大きな公園がたくさんあるように、とても緑が多い印象のロンドンですが、排ガス規制が緩いのか、半日外を歩いているだけで、変な話ですが、鼻の中が黒くなります。3週間ほど前にロンドンに遊びに行った友人も、外を歩くと喉が痛くなったと言っていたので、本当にそうなのかもしれません。
ハイドパーク

ハイドパーク内にある、ダイアナ・メモリアル財団エリア。
ダイアナメモリアル

出掛けた先は、まずは大英博物館、ナショナル・ギャラリー、テイト・モダンなどの美術館をハシゴ。それぞれルーヴル、オルセー、ポンピドーとの比較を勝手にして楽しみました。
夜はミュージカル「We will rock you」を観に行ったのですが、実はブリティッシュ・ロックが大好きだった私は、8割位の曲を口ずさめたので、かなり楽しめました(*^-゚)vィェィ♪
クイーン世代というと、40代後半から50代の客層を想像していたらとんでもない、中学生や高校生たちも髪の毛ツンツンさせて観に来ていましたよ~。
ファッションの街でもあるロンドンで驚いたのが、オックスフォード・ストリートにあるファッション・ショップのPRIMARK。ここはとにかく安い。でもデザインが良く、多くの人で賑わっているお店です。
アウター、インナー、靴、バッグ、アクセサリー、寝具など広範囲で取り揃っているのですが、例えていうなら、この物価超高のロンドンで、金額はユニ○ロの半額くらい(感覚的に)、でもデザインセンスは比較にならないほど高く、H&○より質が高い、そんなイメージです。
滞在時間が長くなればなるほど、買い物点数が増えそうで恐ろしいです(笑)そのうち日本にも入ってくるのでしょうね。

食い倒れの街ではないロンドンで何を食べるか。2泊3日の数少ない食事で失敗は避けたいと、雑誌ライターの友人から色々教えてもらって行ったので、無事美味しいものが食べられました。
中でも、インド料理屋さん。インドは大英帝国時代の植民地だった関係でイギリスへの移民が多く、本格的なインド料理を出すお店がロンドンには多いそうです。
一人だということもあり、夜はパブでビールを飲みながら魚料理ポテト添えなど。ビールは冷やしすぎず、ちょうど良い温度で本当に美味しい。でも食べ物(特にポテト)の量がとにかく多くてなかなか食べきれません。
ロンドンに来てから、今まで見たことのないような大きな体格の人を見てはギョッとしました。オブジェかと思ったら動いていたとか。この量を毎日食べていたらこんなに大きくなるのか。。。フランス人がとても小柄に見えます。ましてや日本人なんて子供のようです。

そうそう、イギリス人はゴシップ好きとは本当ですね。滞在中、毎日現地の無料新聞を開いてみましたが、政治・経済・文化・家庭・スポーツ・TV欄に混じって、必ず2ページほどスターや政治家など有名人のゴシップページがあるのには驚きでした。

こんな感じで駆け足だったロンドンですが、どこぞの国の人と違って、どこに行ってもみんなきちんと仕事をしているし、サービス精神も旺盛でとても好印象。住んでみたいとまでは思わなかったけれど、また遊びに行きたい街です。帰国前にもう一度行けたらなあ。

ポルトガル旅行 -食- 

ここはポルトの中心地にあるボリャオン市場。肉、魚、野菜、花、パンなどが揃っているのはパリと同じ。でも、ニワトリさんが生きたまま売られているのがちょっと。。。
魚の陳列もかなり素朴です。
マルシェ(花) マルシェ(ソーセージ)

マルシェ(魚) マルシェ(タコ)


リスボンで入った、こじんまりとしたレストラン。ここは家庭的なバカリャウ(干しダラ)料理が食べられるお店。
リスボンビストロ店内

あさりのワイン蒸しは、想像通りのお馴染みのお味。右の、ボケてしまった写真の料理がバカリャウ・ア・ブラスという郷土料理。これが今回の旅行中のNo,1ヒットメニュー。
ほぐした干しダラと玉ねぎを炒め、千切りにしたフライドポテトと合わせ、これらを卵でとじたもの。白ワインやビールとの相性も抜群だし、たぶんご飯にも合いそう。これは家で再現メニュー決定です。
あさり 干しダラたまごとじ


別のレストランで。イワシのトマトマリネと白身魚のグリル。お魚が美味しい!でも、これは2人でシェアした1人分。量はかなり多めです。付け合わせのじゃがいもは、素材の味が濃く、どこのお店で食べてもとっても美味しくてびっくり。
いわしトマトマリネ 白身魚グリル


魚介の出汁が良く出たリゾット。イタリアのリゾットとの大きな違いは、全然油っぽくないところ。とても優しいお味なので、量はけっこう食べられます。が、1人前でこの大きなお皿4杯分ありました。シェアしたけどかなりガツンと来ました。でも完食。
魚介リゾット

左はタコの天ぷら。右は付け合わせのあずき粥。そのまんま日本で食べるあずき粥のお味。
タコてんぷら あずきがゆ


野菜が多いのはうれしいけれど、とにかく量が多いこの国の食。2人の場合だと、前菜2品とメイン1品をシェアして食べるのが適量かと思われます。
レストランによっては(特にリスボン)、お通し(有料)が席に座るとすぐに何品も出てくるお店があります。お腹が空いている人に早く何か食べてもらおうという配慮からの習慣なのだと思うのですが、これを食べてしまうとお腹がいっぱいになって頼んだものが食べられなくなってしまうので、即行断りました。
ポルトレストラン

ツナサラダとタコのグリル。(野菜で隠れて見えませんが。)
オリーブツナサラダ タコと野菜


すっかり写真を撮り忘れてしまいましたが、イワシの塩焼きの美味しさにも感激。どこで何を食べても、また食べに行きたくなるような食事ばかりでした。デザートも、どこか懐かしいような味のものが多く、そうそう日本で数年前に流行ったエッグ・タルトもポルトガルの伝統お菓子。街を歩くとあちこちにパティスリーがあり、お菓子の種類も多く、食の豊かさを感じます。

さてポルトのカフェでお茶。ここでは冷えたポルトワインの白を。(決して1本飲み切ったわけではなく、たまたま最後の1杯だったので。こんなに強いお酒は1本も飲めません。)
ポルトでお茶


食事の時のワインは、お店の人にお勧めを聞いて、ほとんどそこの地元のお酒を1食1本ペースで。レストラン価格で1本1500円しないくらい。
ワイン白 ワイン白2

ワイン白3 ワイン赤

ワイン赤2 グラスポート


そしてせっかくポルトまで来たので、ワイナリー見学や試飲もしたり、美術館では狩野派の南蛮屏風を見たり、街を歩いたりなどして過ごしていました。リスボンにしてもポルトにしても、観光客の多い街だなとは思っていましたが、その大半はフランス人ではないかと思われるほど、いつもあちこちでフランス語が聞こえてきます。そのためホテルなどでは英語はもちろんフランス語でもOKです。小さなレストランやカフェでも、なんとなくフランス語で伝わってしまうのも、ラテン語圏の気軽さです。
他にも食べてみたいものがまだまだたくさんあったのと、この素朴さが心地よかったので、またいつか訪れてみたいと思っています。

ポルトガル旅行 -街- 

何のトラブルもなく、無事帰ってきました。(今日のブログは少し長めです。)
今回の旅は、首都であるリスボンと、ここから300km北上したところにあるポルトの2個所滞在です。パリからは飛行機で2時間少々。出入国審査もなく、同じユーロ圏なのでとても気軽に行ける国です。(このご時世に、検疫も何もありません。)
今まではポルトガルに対して、あまりこれといったイメージがなかったのですが、実際に行ってみて思うのは、一言でいえば「素朴」。この言葉に尽きる気がします。
スペインに隣接しているのに、あのラテンの陽気さはあまりない。でも人々は親切でまじめできれい好き(フランス人との比較)だからか、日本人としてはどこかホッとできるのだと思います。日本が一番最初に交流を持ったヨーロッパでもあるし。
食べ物においても、大西洋に面した国なので豊富な魚介類、あまり油を多用しない調理方法、出汁の味を大事にするところなどもやはり馴染むのか、どこで何を食べても本当に美味しかったです。カステラ、バッテラ、コンペイトウなどもポルトガル語ですよ~。
物価も安く、だいたいパリの1/3位で食べられるのもうれしい限りです。

リスボンもポルトも坂の多い街なので、メトロと同じような感覚でケーブルカーを利用します。
ケーブルカー

至るところで見られる、タイルを埋め込んだ建築様式の建物(これは教会)。
教会(典型的建築)


一方では、地元ポルト出身の世界的建築家アルヴァロ・シザによる建物も。
コルビジエ

このポスト、どこか昔の日本のポストに似ていませんか?
ポスト


ポルトのマクドナルド。
マクドナルド

そしてこれには感動。バス停に人がきちんと並んでる!フランスではありえない光景。
バス停に並ぶ人

車は国内生産していないのか、外国車ばかり。特にドイツ車、イタ車多し。ちなみにタクシーは8割方メルセデスでした。そして、フランスのようにボロボロになった車も、汚い車もほとんど見ません。
ポルトの街(車つき)

お土産物屋さん。
お土産物屋

パフォーマンス中の大道芸人の方と思っていたら、郵便配達人のオブジェがポストにくっついていました。
郵便屋前 郵便屋後


世界遺産に登録されている地区。
ポルトのカフェ前

そしてこの船に乗って、ドウロ川クルーズ。
これから乗船

船上から見るポルトの街並み。
船上

つづく。