FC2ブログ

この10日間の思い 

東北地方太平洋沖地震が発生して10日が経ちました。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、被災された方々に心からお見舞いを申しあげます。
福島原発の現場で命がけで闘ってくださっている方々、救援や被災地復興に寝る間も惜しんで活動されている方々、言葉では言い表せない敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。
避難所やライフラインの途絶えた環境での生活を余儀なくされていらっしゃる方々全員が、一人残らずお元気で早く元の生活に戻れるよう願っています。
被災後9日目に救出されたお二人の嬉しいニュースも入ってきましたが、まだ瓦礫の下で耐えている一人でも多くの人が助かることを、わずかな望みでもあきらめないでと祈っています。

震災の連絡が最初に入ったのは、夫の携帯からの国際電話でした。
上海から出張の帰り上空で地震のアナウンスがあり、成田にも羽田にも降りれなくなった為、急きょ福岡に降りる事となり、着陸後機内で待機している時、会社にも都内の実家にもどこにも繋がらずこちらに掛けてきました。
幸いにもフランスからはすんなり繋がったので、私から各方面に連絡を取り、まだ機内待機中の夫に連絡するということになりました。
災害時、携帯や固定電話が繋がらなくなった時、回線の違う海外を経由するのは、ひとつ連絡手段としてあるなあと思いました。最近のニュースで衛星電話を利用しているということを耳にするようになりましたが、同じ理由からなのですね。

この日はパリ在住日本人の友人たちから、日本の家族の安否やNHKやTBSの番組がネットでオンタイムに観れるUSTREAMのアドレスなどをすぐに送ってきてくれたり、在仏日本大使館からのメールでなるべく正確な情報を取るようにしていました。
もちろんこちらのニュースでも、トップで大きく時間を割いて報道されています。
日を追うごとにその被害の大きさが明らかになり、一人でいることがいたたまれなくなり、夜な夜な日本人の友人たちと集まっては災害のことを話したり、今少しでも私たちにできることは何だろうということを話したり。

フランスの報道は、第一報は地震と津波による被害の激しさでしたが、原発事故が起きてからはほとんどがこのニュースが中心になりました。フランスは発電量の約75%を原子力に頼る国、この事故の影響や行く末などにはとても敏感になっています。
でも日本人の冷静で忍耐強く勇気のある行動は、どの報道でも伝えられています。
先週バスに乗ったらギュウギュウに混んでいて、「なんなのこの混雑、もっと進んで」「こっちのドアから入ってくる人もいるからムリ」とあちこちで飛び交う声(いつものこと)。そのうちあるマダムが「あ~もうっ、もっと奥に詰めなさいよ。何で日本人のように冷静になれないのよ!」って大声で怒鳴っているのを聞き、ここまで報道は浸透しているのかと思ったりしました。

災害のニュース映像は、日本より多少過激な印象はありますが、フランス人レポーターは東北地方や東京ではなく、大阪からレポートしているというTV局もあります。フランス大使館のHPにも出ていましたが、早い段階から関東圏からの退去勧告が出ていたのでレポートは関西からという訳です。

震災2日後の13日には、パリのノートルダム寺院で日本人の為に祈るというミサが行なわれたり、チャリティバザーやチャリティコンサートの企画が進められていたり、昨日はパリ市庁舎前で祈りとエールを送るキャンドルナイトが行なわれ、みんな静かに集まりました。
ろうそくの灯

義援金送付方法も、いろいろ情報が廻ってきました。
ひとつ驚いたのは、フランスでの納税者だけが対象なのですが、フランス赤十字を通して募金すると75%の税金控除の優遇があります。つまり25ユーロ募金すると、100ユーロとしてフランス赤十字から救援・復興資金に送られるということです。

フランス人の知人・友人たちからもたくさんお見舞いメールをいただきました。
スーパーで買い物をしていても、私が日本人だとわかると買い物をしているお客さんが声をかけてくれたりします。
「ニュースで驚いたけど、家族やお友達は大丈夫だった?」とか。フランス人に日本の状況を伝えることは、募金以外でできることのひとつだと思っているので、こんな時はなるべく色々話します。
昨日はマルシェのおじさんが「悲劇がおきたね。でも日本は大丈夫。必ず復興するから、大丈夫だから。」と言って私の肩をたたいてくれた時は、こらえていたものがあふれました。

この10日間、遠くにいて何もできない歯がゆさや、色々な事を考えて塞ぎがちになったり眠れない日も多くありましたが、同じ思いをしている友人たちと会ったり話したりすることで、もっと私たちが元気でいなくちゃ、しっかりしなくちゃという気持ちに少しずつ変わってきました。
来週には帰国しますが、帰ったらまずは早寝早起き、節電、節水、節ガソリン。できることから始めます。
スポンサーサイト



私のパリ Merci pour mon Paris 

ここに住んで2年8ヶ月という月日が流れました。
毎日通ったこの道は、四季それぞれの色合いを楽しませてくれました。
定点春 定点夏
定点秋 定点冬


日々この世界遺産を見て、歩いていることに慣れず、いつまで経っても旅行している気分が抜けなかった初めの数か月。
セーヌ沿い

食生活においては、ここなくして語れません。マルシェ、大好き。
マルシェ

サンマルタン運河。やっぱりパリは恋人たちが自然体でいられる街。
サンマルタン運河

銃を携えたアーミーたち。いつも3人組で駅周辺の安全を監視してくれているけれど、来たばかりの頃はこの光景にかなりビビリ、写真を撮るなんて怖くてとてもできなかった。
SNCFアーミー

ほんとに不思議。パリの空はピンク色。
近所夕日2


緑が本当に多い街。散歩とピクニックの楽しさに目覚めてしまった。ここもパリ。(ビュット・ショーモン公園)
モンソー公園1

そしていつもパリでの日常を見守ってくれていたエッフェル塔。いつ、どこで見ても美しい彼女は、やっぱりパリのシンボル。
エッフェル青キラキラ


パリでの留学生活を綴ってきたこのブログも、留学生活を終えた今、一旦ここで終了させていただこうと思います。
この街で日常生活を無事に送ることができるのか、不安でいっぱいのままスタートした2年8ヶ月前。ところが不安どころか、私の人生観がすっかり変わるほど、パリにはどんどん魅了されていきました。美しい街並み、色々な物を使い捨てにしない文化、芸術を大事に育てる国、楽しむことに本気になれる人間性などなど、ここではとても書ききれません。たくさんの人たちとの出会いもありました。日本の常識は、世界では非常識であることがいかに多いかや、「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」といった人と人との当たり前のコミュニケーションが、日常的にきちんとされていることの気持ちよさも十分味わいました。
これからは、この貴重な留学生活を活かして何か新しいことを始めていけたらと思っています。その時には、ここでお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今までこのブログを読んでくださった皆さま、コメントをくださった皆さま、
どうもありがとうございました。

そして・・・ありがとう、パリ。

2009年10月 Parisienne

*今後も過去の記事へのコメントやメールでのご連絡はいつでも歓迎です。

パリならあり得る 

2年もこちらにいると、ちょっとやそっとのことでは驚かなくなりましたが。。。

今朝、駅前バス停の横断歩道で見たもの。
これ、空港のバゲージクレームなどによく置いてある、スーツケースなどを載せて運ぶカートです。
買い物カート1
しかも、ここはモンパルナス駅なのに、なぜかオステルリッツ駅から拝借してきたものと思われます。
そしてしっかり(ちゃっかり)と盗難防止チェーンが!
キオスクに新聞を運ぶとか、仕事用に使っているのかとも一瞬考えましたが、停めてある場所はお店屋さんやメトロの入口にも近いわけではありません。
どこかのスーパーの店内用カートを活用して街中で焼き栗を売っているお兄さんも多いパリですが、これはどんな風に活用されているのでしょう?
買い物カート2

それに比べれば、これはごくごく日常の見慣れた風景です。
駐車の仕方

パリに戻りました。 

皆さんは、良いお正月でしたか?
あらためまして本年もどうぞよろしくお願いいたします。

短い帰国を終えて、今日パリに帰ってきました。
住んでしまうと既にわからなくなってしまっていましたが、10日ぶりに戻ると、
パリ独特の“匂い”がして、11ヶ月前に不安だらけで引っ越ししてきた時のことが
瞬時に懐かしく思い出されます。匂いって、そういうのありますよね。
時とセットになっている気がします。
でも今回はさすがに去年とは違って、見慣れた景色を見るにつれ、ほっと落ち着く感を覚えました。

日本滞在中、新鮮に思えたことをいくつか。

●地下鉄とJRが、同じカードで使えた。
パスモ導入のニュースをネットで知っていましたが、イオカードにチャージしておけば、メトロにも乗れちゃう。すごい、すごい。改札を通る度にコーフン。

●自宅の流し台や調理台や洗面台の高さが低い!
あれ?標準サイズだったのに、こんなに低かった?
フランスサイズに慣れてしまった為か、とても低く感じます。でも、あきらかに使いやすい。

●初めてTVで小島よしおを見た。
07年に大ブレークしたという話は知っていたものの、「そんなの関係ねぇ~おっぱっぴぃー」を初めて見ました。キモイ。
吉本の芸人さんかと思ったら、サンミュージック所属なんですね。へぇえええ。
他にも、知らない芸人さんがいっぱいでした。IKKOの「どんだけぇ~」も初めて聞きましたが、結局どんな時に使うのかがわかりませんでした。

●暖房&お尻洗浄便座はやっぱりいい。
デパートのトイレにも使用されているのがすごい。パリでは考えられないもののひとつ。衛生面で、外のトイレには求めませんが、せめて自宅には欲しいな。

●Wii Fit 売れてますね。
滞在中、CMも良く見ましたが、やはり甥っ子たちが持っていました。実際にやってみるとかなり面白い。体力増進、ダイエット的なことを匂わせているせいか、これは実は親がほしいゲームだからホイホイ買ってしまうんですね。うーん、よくできてる。スキージャンプなんか、すごくリアルだし、家族みんなで遊べるのもいい。

●ミシュラン東京はバラエティ番組に使われていた。
11月に出たばかりのミシュランガイド東京版で、星を取ったお寿司屋さんや中華料理店などが、バラエティの大食いコーナーなどに使われていて驚きました。お店側は良く許可したものだと、唖然としました。もうこれで、フランスのそれとは意味合いが全く違うものになってしまいましたね。良いお店もたくさんあるのに、残念。

●100均はエライ!
相変わらず、気の利いたものが揃う100均。パリで買ったら10ユーロ(1650円位)以上するものばかり。ダイソーさん、パリに出店しませんか?

●TVCMにWEB検索窓が。
1年前までのCMには、最後にHPアドレスが出ているものが多かった気がしますが、この一週間でみたCMは、ほとんどが検索窓にキーワードが入っているものに変わっていてびっくり。確かにこの方が親切かも。でも、判を押したようにどのCMもこのパターンなので異様な感じ。

●CO2削減に本気になった?
色々なところで、「CO2削減」という文字や情報を見ました。今これに力を入れている企業が、企業イメージを上げることにつながる近道かと思わせるメッセージがいっぱい。エコバッグを持ってスーパーに行くのも、当たりまえになってきたかな?いいことだ。

ネットで日本のニュースは見ていたものの、実際に生活してみないとわからないことがたくさんあって、面白かったです。

さて明日9日8時からは、パリは年に2度のソルド(バーゲン)開始です。この日時は、国が決めるというのがフランスならでは。
でも今回は下見もしていないし、欲しい物も思いつかないし、既に出遅れかな。良いものから売れていくのは、どこの国も同じ。
休み中、すっかりさぼっていた宿題もやらなくては。

というわけで、今年もパリでの留学生活を綴っていこうと思います。色々なことを見聞きして、体験して、楽しんで、オトナらしい学生生活を送れたらなぁと思います。
励みになるので、コメントの方もどうぞよろしくお願いいたします。

やっかいな滞在許可申請 

フランスは、手続き関係のことになんとも手間と時間がかかる国です。私は学生VISAで入国しているのですが、6ヶ月を超える長期滞在の場合、日本で発行されるのは延長可能な3ヶ月VISAで、フランスに来てからあらためて滞在許可の申請をする必要があります。

管轄の警察署に出向いて(私は通っている学校が指定大学なので校内で申し込めたのですが)通学許可証、住居契約書、銀行残高証明書、電気代の領収書やら諸々の書類を提出して1~2ヶ月経ってから健康診断を受けて問題なければようやく許可証が発行されるという流れです。
学校内でできるということで、もっと早くできるのかと思っていたら、やはり甘かった。。。

まずは提出書類を持って窓口に行くと、週に2日しか開いていないということでまた翌週に出直し。その日に行くと、書類を提出するにはアポが必要だと言われ、ではすぐにアポを取りたいと言うと、ではここに並んでくださいと言われて待つこと1時間半。
さて私の番が来て、明日にでも提出したいと言うと、一番早いアポが3週間後でした。しょうがないので3週間後に再び必要書類を持ってようやく提出。
もしここで書類の不備があると、アポ取りからやり直しです。とりあえず受理されて待つこと1ヶ月。ようやく管轄局からお呼び出しの日時が指定されて、今度は健康診断です。

この健康診断でまたカルチャーショック。まず身長を測るのですが、靴を履いたままです。どんなに高いヒールの靴を履いてきても、そのまま測ります。体重も靴を履いたまま量ります。いったいこの身長は何のために測っているんだろう?
次は視力検査でしたが、これは日本と同じように、3~4mほど先に書かれている文字を読むというものです。私の前の人が終わっていないのに、
「ではここから自分の手で片方を隠して読んでください」と言われたのですが、この位置からだとかなり斜めなので距離が全然違うんですけど。。。ま、いいか。
後は模様の中に隠れた単語を読んだり(まるで語学テスト)、レントゲン撮影、そして問診&診察。レントゲン写真もいつ出来上がることやらと思っていたら、5分後には出来上がってそれを見ながらの問診。(こんなことだけは早いんですね)
検査結果もすぐに出て、問題なければ同じフロアにある警察の窓口で許可証を受け取れると案内されて行ってみると、「あら、あなたのはまだできていないわ。来週また取りに来て。」と言われ、それなら最初から来週に呼んでよぉおおお!という感じでした。

そして翌週、再び出向き、無事に滞在許可証を入手しました。受け取った後、待合室で許可証を手に誤字がないかチェックしていると、隣に座っていた外国人から「おめでとう」と言われました。みんな苦労してるのよね。妙な連帯感がありました。

でもこの有効期限は申請時から6ヶ月。ということは、あと2ヶ月もしたら、また更新の申請をしなくてはいけないんだわε-(´・`) フー

行ってよかった。 

昨日、パリ日本文化会館で開かれたイベントに行ってきました。
そして今日はそのことをブログで紹介するつもりでした。

それはパリ在住の某日本人作家の新刊本の朗読会で、彼とフランス人作家(兼、彼の編集担当者)によって日本語とフランス語で交互に話される朗読を、時折映像を交えて聴く会でした。

特に好きな作家ではありませんが、日本語とフランス語の響きの違いを楽しむ会と謳われていて、催し物として興味深かったのと、フランス語の勉強にもなるかなと思って行ったのですが、、、、
あまりのおそまつさ、段取りの悪さで、途中で帰る人も続出し、とてもブログで紹介できる内容でなかったのが残念でした。(あ~、言っちゃった。)

この会場となった「パリ日本文化会館」は、今回初めて行ったのですが、フランスで日本文化を紹介する目的で作られたそうです。名前の響きと違って、スケルトン風のハイテクイメージのビルで、清潔感たっぷり。
この中には図書館があって、日本の書籍・新聞・雑誌・写真集・DVDなどの他に、フランス語で書かれ出版された日本文化に関する書籍や資料など、2万冊の蔵書があるそうです。
今日は朗読会の始まる時間の1時間前に行って、この図書館をチェック。
学校で1ヵ月後に「日本の伝統的な習慣や文化について」の具体例を交えたプレゼンテーションをする課題が控えていて、もうここはその資料の宝庫!!
しばらくここの図書館に通うことにしよう。

20070428231521.jpg

そして夜8時過ぎ。朗読会が終わって外に出たら、何本ものひこうき雲が交差していて、その向こうがほんのりピンク色でとてもきれいでした。
すっきりしなかった気持ちもちょっと晴れて、そのまま友だちとレストランに直行!